【高機能Web会議ツールZoom】ビデオチャットツールをSkypeからZoomに乗り換えたらZoomが便利過ぎてSkypeは使わなくなった

遠方の方からご相談受けたり、パートナーと打ち合わせをする際はSkype(スカイプ)でのビデオチャットを利用してきました。

ビデオチャットであれば、遠方のお客様もわざわざ上野まで来て頂かなくても自宅やオフィスで打ち合わせができますので、遠方の方からご依頼があった際は「Skypeを使ったビデオチャットという方法もあります」とご案内してきました。

最近、知人の勧めでZoom(ズーム)というビデオチャットツールをお試しで使ってみてからというもの、Skypeより便利過ぎて、最近はずっとZoomを使っています。今ではZoomがメインでSkypeは殆ど使わなくなりました。

今回は、ビデオチャットツールであるZoomをご紹介したいと思います。

Zoom(ズーム)とは

https://zoom.us/

Zoom(ズーム)は米国企業であるZoom Video Communicationsが提供する、ビデオチャットツールです。

ビデオチャットとは、インターネットを介して、パソコンやスマートフォン・タブレットに接続されたカメラで映し出される相手の映像を見ながら会話するサービスのことです。テレビ電話とも言われています。

ビデオチャットツールはSkypeが有名ですが、ZoomはSkypeには無い機能がたくさんあります。

単純に会話するだけであれば、SkypeとZoomに大差無いと思いますが、ビジネスシーンでの利用を想定すると、その差は大きいです。

ビジネス利用であればZoomがオススメ

Zoomは大人数のビデオチャットに対応しています。無料で100名、有料で最大500名までビデオチャットに参加可能です。また、ビデオチャットの主催者は「許可した参加者だけに発言権を与える」といったような設定も簡単にできます。

この他にも、グループメッセージ・ファイル送信機能・画面共有機能等、オンラインミーティングに必要な機能があります。

これだけ高機能にもかかわらず、簡単操作で通話品質も高いですい。

 

SkypeとZoomの機能比較

  Skype Zoom
アカウント作成 なし なし
初期設定 マイク・スピーカー、カメラの設定が必要 自動設定
通話の設定 IDや名前で相手を探し、コンタクトを取ってから通話開始 招待URLを送るだけ
通話音質
通話の安定度 たまに通話が途切れる 安定している
グループ通話 最大25人 最大500人
(有料プラン)
ビデオチャットの録画 別途ソフトが必要 ワンクリックで録画可能
画面共有 パソコン同士のみ可能 スマートフォン、タブレット、パソコンで可能

こうしてみると、やはり、SkypeよりZoomが機能面において全てにおいて上回っていると思います。

Skypeの通話は最大25名とオフィシャルサイトにも記載がありますが、実務上、10名程度接続すると、通話が不安定になり、会話が途切れたり、聞こえなくなる場合が結構あります。

 

Zoomならではの機能

ZoomにはSkypeにはない便利な機能がいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

Zoomはアカウント作成不要で1クリックで接続できる

Skypeでビデオチャットを行う場合、「SkypeのIDを教えて下さい。」と相手に伝えたり、アカウントを持っていない方には「Skypeのアカウントを作成し、SkypeIDを登録して下さい。」等といったやり取りが必要となります。

アカウントを持っていない相手にはアカウントを作ってもらう必要がある

Skypeのアカウントを持っている方であれば良いですが、アカウントを持っていない方とビデオチャットをする場合、アカウント作成の手間がかかります。

ネットが得意な方であれば、簡単に作ってくれると思いますが、ビデオチャットの相手がネットが苦手だったりすると、ハードルは一気に上がります。アカウント作成が原因でビデオチャットがキャンセルになった事は何度もあります。

ZoomはURLを相手に送るだけ

しかし、Zoomであれば、こうしたやり取りは必要ありません。

ビデオチャットのURLを相手にメールで送付するだけで、メールを受け取った相手は1クリックでビデオチャットに参加する事が出来ます。

ホワイトボード機能

Zoomでは下図のような「ホワイトボード」をチャット相手と共有することができます。

ホワイトボードを共有する事により、言葉だけでは伝わり難いような時も相手に伝える事が出来ますし、また、相手もホワイトボードに書き込むこともできます。

タッチパネルのパソコンやタブレットを使っている方であれば、指で画面に文字や図を書く事ができるので、ちょっとした説明や、イメージを伝えるような時はホワイトボードが使えると非常に便利です。

アプリケーション毎に共有できる

Zoomはアプリケーション毎に画面共有ができます。

Skypeはデスクトップの画面共有はできますが、デスクトップ全体が見えてしまうため、見られたくない・見せたくないファイルやアプリ等までが相手に共有されてしまいます。

しかし、Zoomであれば、デスクトップの画面共有はもちろん、Wordだけ見せる、Excelだけ見せる、PowerPointだけ見せるといったように、アプリケーションのみの画面共有をすることができます。これは非常に使える機能です。

スケジュール管理が簡単

Zoomはビデオチャットのスケジュール管理が簡単に作成できます。

操作方法は簡単で、Zoomを立ち上げたらスケジュールをクリックします。

すると、下図のような設定が画面が立ち上がりますので、ビデオチャットを開催したい日時を入力します。

※パスワードも簡単に設定できます。

必要事項を入力しましたら、「スケジュール」をクリックします。すると、上記の画面で設定したカレンダーが立ち上がります。

カレンダーにはビデオチャットの日時、招待URL等が反映されます。入力の手間が省けるので非常に便利です。

カレンダーだけでなく、Zoomの管理画面にもスケジュールが登録されます。

 

アカウントは無料と有料があるが、無料でも全然使える

Zoomは無料アカウントと有料アカウントがあります。有料の方がもちろん高機能ではあるのですが、正直、無料アカウントもかなり使えます。

無料アカウントでできること

  • 1対1の無制限通話
  • 40分まで使えるグループミーティング通話
  • 最大50人のグループミーティング
  • Webセミナー機能(画面共有、ホワイトボード等)
  • グループコラボレーション機能
  • セキュリティ機能(SSL、AES)
  • オンラインサポート

無料アカウントは、1対1で通話する分には何の制限も無く利用できるため、使い勝手が良いですが、3人以上で通話するような場合、40分までといった時間制限があります。

とはいえ、時間制限を除けば基本的な機能はほぼ使える仕様となっていますので、多数を相手にWeb会議を行うようであれば、有料アカウントを検討すれば良いですし、1対1の通話しか使わないようであれば、無料アカウントを使い続ければ良いと思います。

無料アカウントは試用期間の制限はありませんので、Skypeのように無料でずっと使うことも可能です。

 

まとめ

長年、Skypeを利用してきましたが、Zoomの便利さに慣れてしまったらSkypeは使わなくなってしまいました。それほどまでにZoomはSkypeより優秀だと思います。

ただ、Zoomのヘルプを見ると日本語化されていないため、日本語対応が不十分である点は否めません。Skypeは日本語対応がきちんとされているので、サポートや日本語化はSkypeに軍配が上がると思います。

しかし、ヘルプを見なくても直感的に操作できるようになっていますので、英語が苦手な方でも、不便に思う事は殆どないと思います。

Skypeに不満をお持ちの方や、ビデオチャットの導入を検討している方は、是非、Zoomをお試しください。無料アカウントでもかなり使えます。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている