「PayPay(ペイペイ)」で個人間送金(譲渡)をする方法を解説。PayPayは送金手数料が無料!

キャッシュレス決済

PayPay(ペイペイ)は、PayPay残高にチャージした金額(PayPayライト)を友達に送金することができます。

簡単操作で送金もすぐに反映されます。しかも送金手数料がかからないので、細かい金額を送金する時は便利です。

この記事では、PayPayで個人間送金をする方法について解説します。

PayPayで送金する方法は2つ

PayPayで送金する方法は2通りあります。

[box class=”blue_box”]

  • 【対面時】QRコードをスキャンして送金する手順
  • 【遠隔時】電話番号を入力して送金する手順

[/box]

上記のとおりです。

 

【対面時】QRコードをスキャンして送金する手順

「QRコード」を使ったPayPay間の送金方法について解説します。

[box class=”blue_box”]

  • 手順①:受取り側がQRコードを用意する
  • 手順②:QRコードを読み取る(お金を支払う側)
  • 手順③:受取る側が金額を指定する事も可能

[/box]

手順①:受取り側がQRコードを用意する

お金を受取る方がQRコードを用意する必要があるのでQRコードを準備します。

アプリを立ち上げ、左上にあるメニューアイコン[≡]をタップします。

アカウント画面が表示されますので、マイコードをタップします。

QRコードが表示されますので、受取る方はQRコードを支払う方にスキャンしてもらいます。

手順②:QRコードを読み取る(お金を支払う側)

PayPay(アプリ)のトップ画面の「スキャン支払い」をタップします。

受取り側のQRコードをスキャンします。

QRコードを読み込むと、以下の画面が表示されますので、送金する金額を入力し「送金する」ボタンをタップします。

以上でPayPay間の送金は完了です。

手順③:受取る側が金額を指定する事も可能

受取り側が表示するマイコードは、金額を指定することができます。

マイコード表示後の[リクエスト金額を追加]をタップして、指定したい金額を入力してください。

「リクエスト金額を追加」をタップします。

すると、指定した金額のQRコードを表示する事ができます。

後は支払う方にこのQRコードを読み取ってもらうだけで指定した金額を受け取る事ができます。

 

【遠隔時】電話番号で送金する手順

電話番号を使い、PayPay間で送金する手順を解説します。

[box class=”blue_box”]

  • 手順①:スキャン支払いを選択
  • 手順②:友達に送金するを選択
  • 手順③:支払先の電話番号を入力し、送金額を入力

[/box]

上記のとおりです。

手順①:スキャン支払いを選択

PayPay(アプリ)のトップ画面の「スキャン支払い」をタップします。

手順②:友達に送金するを選択

画面下にある「友達に送金する」をタップします。

手順③:支払先の電話番号を入力し、送金額を入力

支払い先の電話番号を入力し、「検索する」をタップします。

送金額を入力する画面が表示されますので、金額を入力し、「送金する」をタップします。

以上でPayPay間の送金は完了です。

 

PayPayで個人間送金する際の注意点

PayPayはアプリを入れた時にボーナス残高を貰えたり、チャージするとPayPay内で残高が増えますが、PayPay残高は厳密に以下の2種類に分かれます。

[box class=”blue_box”]

  • PayPayライト:送金(譲渡)可能
  • PayPayボーナス:送金(譲渡)不可

[/box]

PayPayライトは銀行口座やYahoo! JAPANカードからチャージした金額なので、個人間で送金する事ができます。

一方、PayPayボーナスは特典やキャンペーン、利用額に還元されるキャッシュバックによってPayPay残高に追加された金額なので、送金する事ができません。

PayPayライトとPayPayボーナスの残高は、アプリの「内訳を見る」をタップすると表示されます。

 

まとめ

以上、ソフトバンクグループの決済サービス「PayPay」の個人間送金についてご紹介しました。

銀行振込と比較すると送金手続きが簡単で、送金もすぐに反映されます。

送金手数料もかからないので、細かい金額を送金する時は便利ですね。是非、お試しください。

ソフトバンクグループの決済サービス「PayPay」を今すぐ始めてみよう!アプリを登録するだけで500円。100億あげちゃうキャンペーンは終了しました

2018.11.30
タイトルとURLをコピーしました