【銀行融資】リスケ中でも経営革新計画の承認を受ければ融資はおりる?

資金調達
  • 銀行融資のリスケジュール中だけど、経営革新計画の承認を受ければ融資がおりると聞くけど、ホントかな?
  • 承認を受けると保証枠が倍増し、承認を受けた企業ということで信用力も増えるから融資がおりやすくなるみたいだけど…。
  • 資金調達したいから、経営革新計画の承認を受ければ銀行から新規融資がおりやすくなるのかどうか教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

リスケ中に経営革新計画の承認を受けても融資はおりない【結論】

リスケジュール中の方には説明不要かもしれませんが、基本的に銀行融資をリスケジュールすると、新規融資は難しくなります。

リスケ中に銀行や政府系金融機関から追加融資を受ける方法はある?【5つ紹介します】」でも解説しているとおり、全く融資を受けられないという訳ではありませんが、基本的にハードルは高いです。

 

こうしたなか、「リスケジュール中でも経営革新計画の承認を受けると銀行や政府系金融機関から融資を受けれるようになる」という誤った情報を見聞きして、「経営革新計画の承認を受ければ新規融資を受けれるようになる!」と思い込んでいる方をよく見かけますが、

結論から言うと、リスケジュール中に経営革新計画の承認を受けたからといって、新規融資がおりることはまずありません。

 

リスケ中に経営革新計画の承認を受けても融資がおりない理由は2つ

リスケジュール中に経営革新計画の承認を受けても、融資がおりない理由は2つあります。

  • 経営革新計画の承認を受けたという評価は微々たるものだから
  • 銀行は直近の財務内容をベースに審査するから

上記のとおりです。

経営革新計画の承認を受けたという評価は微々たるものだから

これを言うと身も蓋もないかもしれませんが、経営革新計画の承認を受けたという評価は、基本的に微々たるものです。

リスケジュール中の企業に新規融資を出すほどの評価は得られません。

 

約定返済中で財務内容が悪くなければ、以下のように経営革新計画の承認を受けたという事実が考慮され、融資が実行されることはあります。

  • 資金使途が経営革新計画で承認された事業に対する融資

しかし、リスケジュール中となると話は異なります。

経営革新計画の承認を受けたからといっても、銀行の立場からすると「そもそも財務内容が悪いから新規融資ができず、リスケジュールの対応をしている」という見方をしますので、承認を受けたことが評価される事はありません。

銀行は直近の財務内容ベースに審査するから

経営革新計画の承認を受けると融資を受けれる?【融資の審査は別問題】」でも解説しているとおり、銀行は財務内容をベースに融資の審査を行いますので、財務内容が悪ければ新規融資はおりません。

一方、経営革新計画はビジネスの新規性や、将来の付加価値・経常の伸び率で承認の可否が決まりますので、赤字体質・債務超過の企業でも承認を受けることができます。

  • 銀行の審査 → 財務内容を重視(財務内容が悪いと融資はおりない)
  • 経営革新計画の審査 → ビジネスの新規性や、将来の付加価値・経常の伸び率を重視(赤字体質・債務超過でも承認を受けれる)

 

繰り返しとなりますが、銀行が重視しているのは財務内容です。

経営革新計画の承認を受けても、現在の財務内容が悪ければ新規融資がおりることはありません。

ましてや、リスケジュール中ということは、財務内容が悪く、新規融資が不可能だからこそリスケジュールという対応をしている訳ですから、財務内容を改善して約定返済に戻さない限り、経営革新計画の承認を受けたところで新規融資がおりることはありません。

 

リスケ中に経営革新計画の承認を受けるメリットは2つ

リスケジュール中に経営革新計画の承認を受けても融資はおりませんが、承認を受けるメリットは2つあります。

  • 経営革新関連の補助金・助成金を受けれる可能性がある
  • 販路開拓における支援措置を受けれる

上記のとおりです。

経営革新関連の補助金・助成金を受けれる可能性がある

経営革新計画の承認を受けた企業しか受けられない補助金や、承認を受けると審査の加点となる補助金があります。

補助金や助成金は申請書をきちんと記載すれば申請できますので、銀行融資をリスケジュールしているということは関係ありません。

税金や社会保険の滞納が無ければ申請できますので、採択される可能性があります。

債務超過だと難しい場合がありますのでご注意ください。

販路開拓における支援措置を受けれる

経営革新計画の承認を受ければ、販路開拓の支援措置を受けれるようになります。

上記の他、各都道府県のWebサイトに経営革新計画の承認を受けた企業ということで紹介されます。

各都道府県のWebサイトを見たという大手企業から引き合いが来たという事例もありますので、販路開拓のメリットはあると言えます。

 

まとめ

以上、リスケジュール中でも経営革新計画の承認を受ければ融資はおりるのか?ということについて解説しました。

リスケジュール中に経営革新計画の承認を受けても融資はおりませんので、銀行から新規融資を引き出す事を目的に経営革新計画にチャレンジすると徒労に終わります。

しかし、経営革新計画の承認を受ける目的が経営革新計画関連の補助金・助成金や、販路開拓における支援措置は受けたいということであれば、経営革新計画にチャレンジする意義はあるといえます。

おわり。

 

 

人気記事資金繰りのコンサルタントがおすすめするビジネスローン5社

人気記事【結論】売掛金で資金調達するファクタリングは、OLTA(オルタ)が神

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました