Suica(スイカ)の履歴を26週間以上遡って取得する方法【1年分取得した実例解説】

IT仕事術
  • 経費精算でSuica(スイカ)利用履歴を取得したいけど、券売機だと100件までしか印字できないよ。
  • 利用履歴が見れるスマートフォンアプリは沢山あるけど、どれも20件、50件、100件しか履歴データが見れないよ。もっと前の履歴がデータが欲しいよ。
  • 1年分の履歴が必要だけど、Suicaの公式サイトに「26週間を超えた履歴は印字できません」と書いてあるよ…。これでは経費精算ができなくて困るよ。
  • 100件を超える利用履歴や、26週間以上前の利用履歴を取得する方法があれば教えて欲しいよ!

この記事では、こういった疑問にお答えします。

26週間以上遡って利用履歴を取得可能【結論】

Suica(スイカ)の利用履歴は、スマートフォンアプリや駅の券売機では取得できる利用履歴に限りがあるので、
100件を超える履歴や、半年以上前(26週間)の利用履歴は取得する事ができません。

しかし、先に結論から言うと、100件を超える利用履歴や半年(26週間)以上経ってしまい、アプリや券売機では取得する事ができない利用履歴は、JRに「個人情報開示請求」を行うことで取得する事ができます

券売機やアプリでは100件以上の履歴を取得するのは不可能

Suica(スイカ)の利用履歴を取得するには、通常、券売機やスマートフォンアプリを使って取得します。

しかし、券売機やスマートフォンアプリで取得できる利用履歴はいずれも最高100件までです。

  • 券売機で履歴印字:100件(履歴表示:直近20件)
  • スマートフォンアプリ:最高100件(CSVデータで出力)

100件を超える履歴は取得する事ができません。

また、利用から26週間を超えるデータは、券売機で印字する事ができず、スマートフォンアプリでも表示される事はありません。

このことは、JR東日本の公式サイトにも記載されています。

参考リンク:Suica 履歴表示・印字・残額表示 | JR東日本

郵送で手続きすれば過去の履歴を取得可能

券売機やスマートフォンアプリでは100件を超える履歴と、26週間以上経った履歴は取得できませんが、
JR東日本に直接開示請求を行う事で、26週間以上経った履歴でも取得する事ができます。

 

Suicaの利用履歴を開示する手続きの主な流れ

  1. 個人情報受付窓口に電話で問い合わせする
  2. 申請書が届くので必要事項に記入する(氏名・住所・開示期間など)
  3. 612円分の切手を同封して送付する
  4. 本人限定郵便で届く

上記のとおりです。

個人情報受付窓口に電話で問い合わせる

まずは「個人情報受付窓口」に電話します。

以下の電話番号に電話して、受付の方に「Suica(スイカ)の過去の利用履歴を取得したい」と伝えると、
「個人情報開示等請求書」を送付すると言われますので、この時に氏名と住所を伝えます。

電話番号:050-2016-1605

参考リンク:個人情報の取扱いに関する基本方針 | JR東日本

申請書が届くので必要事項に記入する(氏名・住所・開示期間など)

電話した翌日・翌々日ぐらいに「個人情報開示等請求書」が届きますので、必要事項に記入します。

以下のような書き方の案内も同封されていますので簡単に書けると思います。

612円分の切手を同封して送付する

Suicaの利用履歴は個人情報の扱いとなるため、JR東日本から「本人限定郵便」で発送されます。

 

本人限定郵便の送料は自己負担となるため、612円分の切手を用意する必要があります。

612円分の切手を用意して、個人情報開示等請求書に必要事項を記入したら、JR東日本に申請書を送付しましょう。

本人限定郵便で届く

申請書を送付して1週間後ぐらいに、JR東日本から本人限定郵便で「個人情報開示請求の回答送付のご案内」という書類が届きます。

26週以上経過した履歴が取得できます。

本人限定郵便は再配達不可の郵便物なので、受け取れなかった場合は窓口に取りに行く必要があります。

もし、不在で受け取れなかった場合は、身分証明書を持参して郵便局の窓口に受け取りに行きましょう。

 

Suicaの利用履歴を書類で受け取る事のデメリット

個人情報開示請求を行うと100件以上の利用履歴と26週間以上前の利用履歴を取得できますので、メリットしか無さそうに思えますが、書類で受け取ることによるデメリットが1点あります。

  • 経費精算の時に1件1件金額を調べる必要がある

上記のとおりです。

経費精算の時に1件1件金額を調べる必要がある

個人情報開示等請求で開示されるSuica(スイカ)の乗車履歴は、乗車区間の乗車賃の記載がありません(券売機の履歴印字も同じです)。

そのため、経費精算で使う際は、乗車区間の乗車賃を1件1件調べてまとめる必要があります。

 

同じ区間ばかり乗っている方であればそこまで時間はかからないと思いますが、移動が多い方はこの作業が非常に面倒だと思います。

数ヶ月分の乗降データならまだしも、1年間のデータとなると1件1件調べていたら1日が潰れてしまう可能性もあります。

 

Suicaの利用履歴データは定期的に取得するようにしましょう

「個人情報開示等請求をすれば、1年分の履歴を取得できるから小まめに履歴を取得しなくてもいいや!」と考えて、履歴を小まめに取らないようになると、後々清算作業に追われて面倒なことになります。

余計な手間を増やさないよう、「Suicaの利用履歴は毎月月末に取得する」などと決めて、小まめに取得するようにしましょう。

カードリーダーやスマートフォンアプリで小まめにCSV出力

券売機で小まめに履歴を印字するのも良いですが、履歴印字は乗車賃を自分で計算する必要があるので、経費精算が面倒です。

カードリーダーやスマートフォンアプリを使ってCSVデータを取得した方が経費精算は楽です。

カードリーダーは2,000円~3,000円ぐらいで販売されていますし、スマートフォンアプリなら無料で使えるアプリが殆どです。

経費精算の作業で1日潰してしまわないよう、小まめにCSVデータを取得しておきましょう。

 

まとめ

以上、Suica(スイカ)の利用履歴を26週間以上遡って取得する方法について解説しました。

履歴の印字をど忘れして、過去の利用履歴を取得できなくてお困りの際は、郵送で取得する事ができますので、「経費精算ができない!」とお困りの方は、JR東日本に直接問い合わせて取得しましょう。

 

個人情報開示等請求で取得できる利用履歴は「書類」なので、経費精算を行う際は1件1件金額を調べる必要があり、かなり面倒です。

ですので、なるべく履歴の取得を忘れないよう、定期的に履歴データを取得するようにしましょう。

CSVデータで利用履歴を取得すると経費精算の計算も楽です。

カードリーダーやスマートフォンアプリを使ってこまめにCSVデータを取得するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました