人気トイドローン「RyzeTech Tello」にプログラミング教育用のドローン「Tello EDU」が登場

200g以下のトイドローンで人気の「Tello」に、プログラミング教育用の新バージョン「Tello EDU」(アカデミック版)がDJIストアとAppleオンラインストアで販売されています。

対応プログラミング言語が追加され、学生や児童向けのバーチャルミッションに挑戦するAppleの「Swift Playgrounds」に対応しており、宇宙飛行士となって宇宙探検する「Tello Space Travel」レッスンでプログラミングを学ぶことができます。

また、Wi-Fiルーターに接続できるようになり、複数の機体を飛行させる編隊飛行も可能となりました。

DJIの協力のもと製造された高機能トイドローン「RyzeTech Tello」。初心者でも簡単に空撮が可能

2018.04.13

Tello EDUとは

従来のTelloは、コンピュータープログラミング、エンジニアリングを手軽に楽しく学べるツールとして、学校教育の場やSTEM教育分野(科学・技術・工学・数学)で親しまれてきました。

Tello EDUは、従来のTelloの機能をさらに拡張したアカデミック版のドローンです

DJIストア:「Tello EDU」商品ページ

Tello EDUの基本的な飛行スペック(最大飛行範囲、最大飛行速度、最大飛行高度、飛行可能時間)や、カメラのスペック(静止画・動画)は従来の「Tello」と同じです。機体の重量は若干増えてますが、サイズは従来の「Tello」と同じです。

そのため、パッと見た感じでは機体の色しか変化が感じられない「Tello EDU」ではありますが、ソフト面で大きな変更があります。

 

「Tello」と「Tello EDU」の違い

  • Wi-Fiルーターに接続できるので、複数の機体にコマンドを送る事が可能
  • 複数のプログラミング言語に対応
  • プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」が追加
  • ビデオストリームデータへのアクセスが可能

上記のとおりです。

Wi-Fiルーターに接続できるので、複数の機体にコマンドを送る事が可能

従来のTelloはWi-Fiルーターに接続できなかったため、Telloに内蔵されたWi-Fiをスマートフォンやタブレット端末と接続してTelloを操作していました。

しかし、Tello EduではWi-Fiルーターに接続できるようになったため、1台の端末から複数の機体にコマンドを送る事が可能になりました。

そのため、従来のTelloではできなかった複数の機体による編隊飛行が可能となります。

複数のプログラミング言語に対応

従来のTelloは「Scrach(スクラッチ)」というビジュアルプログラミングにしか対応していませんでしたが、新バージョンのTello EDUでは、「Scratch」の他、以下2つのプログラミング言語が追加されました。

  • Swift(スウィフト)
  • Python(パイソン)

ちなみに、SwiftとPythonは従来のTelloでも非公式ながら対応していました。

メーカーの公式フォーラムを見ると、世界中のTello有志の方々がバイナリーコマンドを解析して、非公式ではありながら使えるようにはなっていました。

しかかし、Tello EDUは公式にサポートを発表していますので、初めての方でも安心して使えると思います。

【ドローン】TelloをScratchプログラミングで自動飛行させる全手順を解説【図解入り】

2018.04.26

スマートフォンアプリでTelloのプログラミング飛行ができる「Drone Blocks」の設定方法と使い方を解説

2018.04.23

プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」が追加

Tello EDUを購入すると、「ミッションパッド」というプログラミング飛行をサポートするためのアクセサリが付属します。

ミッションパッドには固有のIDが割り振られていますので、飛行経路上にパッドを置くことによってドローンが位置情報を認識し、以下のような複雑な動きを簡単に実現できるようになりました。

  • 高度変更
  • 空中停止(ホバリング)
  • アクロバット飛行

ビデオストリームデータへのアクセスが可能

Tello EDUは、ビデオストリームデータへのアクセスが可能なので、ジェスチャーコントロールのような高度制御のコーディングを学習することができます。

ジェスチャーコントロールとは、体の動きで機体を制御する仕組みのことをいいます。

この記事にTello eduのプロモーションビデオを貼っていますが、ビデオの最後の方(1:08秒)に出てくる女の子が体の動きで機体を制御しているシーンが映っていますが、これがまさにジェスチャーコントロールです。

 

まとめ

以上、「RyzeTech Tello」のプログラミング教育用の新バージョン、「Tello EDU」について解説しました。

機体の飛行スペックは従来のTelloと変化がありませんので、外でゴリゴリ飛ばして楽しみたいという方は、Tello EDUを買う必要は無いと思います。

しかし、子供のプログラミング教育用としてドローンの購入を検討しているという事であれば、Tello EDUはピッタリの機体だと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」