【RyzeTech Tello】ゲームコントローラー「GameSir T1s」を使ってドローンを操縦【操作性向上】

ドローン

RyzeTech Telloはスマートフォンアプリで操作できるので、コントローラー無しで手軽にドローン飛行を楽しむ事ができます。

ただ、スマートフォンアプリで操作する場合、飛ばす事に夢中になり過ぎるとコントローラー部分から指がズレてしまい、一瞬、操作できなくなったりすることが結構あります。

しかし、ゲームコントローラーを使えば、飛ばしている最中に指がズレるような心配は一切なく、快適な操作でドローンを飛ばす事ができます。

この記事では、Telloの操作が可能なゲームコントローラー「GameSir T1s Bluetooth」をご紹介します。

DJIの協力のもと製造された高機能トイドローン「RyzeTech Tello」。初心者でも簡単に空撮が可能
3月8日に予約注文して、楽しみに待っていたトイドローン「Tello」。 4月の頭に「発送遅延のお知らせ」という非常にショックなメールが届き、かなり落胆しましたが、ようやく手元に届きました! 早速開封して、飛ばしてみたいと思います! ...

「GameSir T1s Bluetooth」でドローンを操作

GameSir社の「GameSir T1s Bluetooth」は、Bluetooth接続でTelloを操作できるゲームコントローラー(iOS、Androidに対応)です。

スマートフォンの他に、WindowsPC、PS3にも対応しています。

 

「GameSir T1s」のおすすめポイント

  • スマートフォンと「GameSir T1s」を接続するのも簡単
  • 操作しやすいので快適な飛行を楽しめる
  • 対応デバイスが多い

上記のとおりです。

スマートフォンと「GameSir T1s」を接続するのも簡単

シンプル操作でスマートフォンと「GameSir T1s」をBluetooth接続する事ができます。

はじめて「GameSir T1s」とスマートフォンに接続する時は、スマートフォン(iOS、Android)と、パソコン(Windows)、PS3の切り替えもあり、若干分かり難い事がありますが、日本語マニュアルに接続方法が書いてありますので、初めて使う方でも難なく接続できると思います。

製品に同梱されているマニュアルは全て英語ですが、別途、日本語マニュアルをダウンロードする事ができます。

操作しやすいので快適な飛行を楽しめる

アナログスティックで機体をコントロールするので、スマートフォンアプリのように指ズレすることが無いので、格段に操作しやすいです。

対応デバイスが多い

スマートフォンアプリ(iOS、Android)だけでなく、パソコン(Windows)、PS3にも対応しており、幅広いデバイスに対応しています。

マインクラフトの操作も可能

Telloと関係無いですが、スマートフォン版マインクラフトの操作も可能です。

元々、このコントローラーを購入するきっかけは、スマートフォン版のマインクラフトを操作するためです。

筆者の娘にコントローラーが欲しいと言われ「どうせ買うならTelloも動かせるコントローラーを購入しよう」と思い、色々探しているうちに「GameSir T1s」に辿り着きました。

ちなみに、iOS版のマインクラフトは操作することができません

iPadで試しましたが動きませんでした。

Happy Chickエミュレーターという非公式のエミュレーターをインストールすると動くようなのですが、非公式なのでセキュリティ面で怪しく、万が一、iPad本体に不具合が起きてしまったらサポート外となるので、エミュレーターをインストールするのは断念しました。

Android版のマインクラフトは普通に動きます。

 

「GameSir T1s」のいまいちなポイント

値段も手ごろで(Amazonで3,199円で購入しました)、操作性も良いので基本的に文句ないのですが、1点だけ不満に感じる点があります。

  • たまにBluetooth接続が切れる

上記のとおりです。

たまにBluetooth接続が切れる

この「GameSir T1s」コントローラー、たまにBluetooth接続が切れる時があります。

  • 時間が経つと接続が切れてしまうのか、
  • 周囲にBluetoothの機器があり、混線してしまうのか、

原因は不明ですが、使っているとBluetooth接続が切れるのが不満です。再接続するには、いったんコントローラーの電源を落とさないと再接続できないので、これが微妙に面倒です。

色々試しましたが、コントローラーを再起動しないと再接続できませんでした。

 

まとめ

以上、Telloを操作できるゲームコントローラー、「GameSir T1s Bluetooth」をご紹介しました。

使っていると接続が切れるという摩訶不思議な現象が起きますが、価格も手ごろで、様々なデバイスに対応していますので、「コントローラーを使ってドローンを快適に飛ばしたい」とお考えでしたら、ゲームコントローラーを使ってみて下さい。

スマートフォンアプリより操作しやすいのは間違いありません。

 

ちなみに、以下の記事で200g未満のおすすめドローンを紹介しています。

Tello以外のおすすめドローンを紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にして下さい。

【2019年】200g未満のおすすめドローン4選!初心者でも本格フライトが楽しめる機体を紹介
200g未満のおすすめのドローンをお探しの方向け。 改正航空法の規制を受けない200g未満のドローンで、室内で飛ばすような小さなドローンではなく、本格的なドローンを購入する前の練習用になるような性能の良いドローンをお探しですか? ネット...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました