【トイドローン】DJIが技術提供するRyze Tech「Tello」なら初心者でも手軽に空撮が楽しめる

Tello ドローン

2017年11月に、Holy Stone社の「SHADOW HS160」という機体を購入し、ドローンを飛ばす練習をしてましたが、2カ月ぐらい同じ機体で飛ばす練習をしていると、新たな機体が欲しくなってきます。

空撮にチャレンジするため、ドローン入門機「Holy Stone SHADOW HS160」を買ってみた
Holy Stoneの「SHADOW HS160」ってどんな機体なのかな? 「SHADOW HS160」の特徴やスペックや同梱物、ドローン初心者でも飛ばす事ができるのか知りたいよ。 この記事では、こういった疑問にお答します。...

ドローンを飛ばす練習を始めてから2カ月ぐらいしか経ってないので、筆者の操作レベルはまだまだ「下手くそ」にカテゴライズされると思いますが、他のドローンの情報を調べているうちに、新たな機体が目に入ってしまうと、欲しくなるんですよね…。

 

暇をみつけては「2~3万ぐらいで良さそうな機体が無いかな~」、「200g未満にしようか、それとも200g以上の機体にしようか」等と考えながら、いくつか購入する機体の候補を絞り込んではいたのですが、

「これだ!」と思う機体を発見したので、次は絶対にこの機体を手に入れようと思います。

DJIとIntelから技術供与を受けたトイドローン「Tello」

2018年1月9日、中国のRyze Tech社より、DJIとIntelの技術を集めたトイドローン「Tello(テロー)」の発売が発表されました。

Telloは、DJI製品の「Spark(スパーク)」と呼ばれるドローンのトイドローン版とも言われており、期待値が嫌でも上がります。発売前にもかかわらず、非常に人気があるそうです。

この機体の発売を知るまでは、DJI製品の「Spark」を2台目の候補に入れていたのですが、機体重量が300gあり、価格も5~6万ぐらいするため、「下手くそなのに、いきなり5~6万する機体は…」という葛藤がありました。

でも、「Spark」を動画で見た時のインパクトが強すぎて、「これだ!次買う時はこれしかない!」ってなっちゃったんですよね。

動画を見たら分かると思いますが、「Spark」は手をかざしたりするだけで操作できる、ジェスチャーコントロールという機能が備わっています。

DJI Spark – 紹介映像

この動画を見たら「Spark」が欲しくなってしまったのですが、この「Spark」に勝るとも劣らない200g以下のドローン「Tello」が3月に発売されるとの事で、「これは絶対に買うしかない!」となり、「Tello」の発売日を今か今かと待ち望んでいます。

 

Telloの主な機能

Telloの素晴らしさは動画を見て貰えれば分かると思います。このドローンが200g未満で、しかも12,800円で買えるというのが、にわかに信じがたいです。近年のテクノロジーの発展は目を見張るものがありますね。

Say Hello to Tello
  • 手のひらキャッチ&リリース
  • EZ Shot(ワンタッチフライト機能)
  • FPV(First Person View)
  • Intel Movidius Myriad(5つのセンサーが周囲の状況をリアルタイムで把握)
  • ピジョンセンサーシステム搭載(下向き)
  • 自動ホバリング
  • 360°撮影
  • アクロバット飛行
  • プログラミング飛行
  • 最大飛行時間13分(トイドローンでは最長レベル)
  • 最高速度:秒速8m
  • 最大100mの伝送距離
  • 720PのHD伝送

上記機能の他、コーディングシステムのScratchでプログラミングもできるため、子供のプログラミング学習にも使用できます。

これらの機能が備わって1万円台前半というのが凄いです。

この価格でこのスペック、これ以上の機体は恐らく無いと思います。

 

まとめ

200g未満のドローンでここまでのクオリティを持った機体は他にありません。

私がHoly Stone社の「SHADOW HS160」を購入した時も、購入前にあらゆるウェブサイトを調べ、比較検討を重ねましたが、Telloのクオリティを持つ機体は1万円台では存在しません。

200g未満のトイドローンでこれだけのクオリティ、もう買うしかありません。Telloが発売される3月が待ち遠しいです。

Telloをもっと楽しみたい!装着できるアイテムや周辺機器のおすすめグッズ7選
Ryze Tech「Tello(テロー)」のグッズをお探しの方向け。 普通に飛ばしても楽しいTelloですが、Telloに装着できるグッズや周辺機器を使うと、Telloを飛行さえるの楽しさは倍増します。 そこで、この記事では、Tel...

Telloを手に入れたらその次は200g以上の機体を購入し、資格なども取得して外で堂々と飛ばしたいと思います。

DJIの協力のもと製造された高機能トイドローン「RyzeTech Tello」。初心者でも簡単に空撮が可能
3月8日に予約注文して、楽しみに待っていたトイドローン「Tello」。 4月の頭に「発送遅延のお知らせ」という非常にショックなメールが届き、かなり落胆しましたが、ようやく手元に届きました! 早速開封して、飛ばしてみたいと思います! ...
人気トイドローン「RyzeTech Tello」にプログラミング教育用のドローン「Tello EDU」が登場
200g以下のトイドローンで人気の「Tello」に、プログラミング教育用の新バージョン「Tello EDU」(アカデミック版)がDJIストアとAppleオンラインストアで販売されています。 対応プログラミング言語が追加され、学生や児童向け...
タイトルとURLをコピーしました