ブログ筆者の「作業環境」を公開します【基本ペーパーレスです】

独立

コンサルティング業とサイト運営(本ブログ)をしている筆者の作業環境を公開します。

本記事を読んで頂ければわかるとおり、ノートパソコンとスマホがあれば、仕事はどこでもできます。

パソコンは「HUAWEI Matebook M3」です

PCはHUAWEI Matebook M3をメインに使用しています。

数あるノートPCの中からMatebookを選んだ理由は以下のとおりです。

[box class=”blue_box”]

  • 携帯性が良い(重さ640g)
  • タッチパネル
  • 見た目がカッコイイ
  • 余計なプレインストールソフトが少ない
  • ストレスのない処理速度(Core M プロセッサ搭載)

[/box]

クライアント様との打ち合わせは、先方の事務所か、外で打ち合わせする事が多いため、携帯性を最も重視しています。

デカくて重いパソコンは移動がしんどくなります。

Matebookの12インチはA4サイズより若干小さい程度のサイズなので、コンパクトで持ち運びが楽です。

また、PDFの資料やエクセルファイル、ワードファイルをお客様に見せる際、タッチパネルがあると説明が楽なので、タッチパネルであるという事も外せません。

処理速度も、ブラウジング、メール、エクセル、ワード、パワーポイントを使う分には何の問題もありません。動画を見ても重く感じる事は特にありません。

タブレットPC では珍しく Core M プロセッサを搭載しており十分な処理速度を確保しています。

動画編集作業や3Dゲームをやらないので、高スペックのPCは必要無いと考えてます。

タブレットのように使えて、普通にパソコンとしても使えるので大変重宝しています。

 

スマホは「Google Pixel 3」です

スマホは「Google pixel 3」を使ってます。

「iPhone」から「Google pixel 3」に移行(機種変更)する時に考えたことや実際に使って気になったことを解説

2019.02.03

2010年から2019年の1月末までiPhoneを使ってましたが、「Google Pixel 3」にとても興味を惹かれたので乗り換えました。乗り換えて大満足です。

ちなみに、「Google Pixel 3」の主な用途は以下のとおりです。

[box class=”blue_box”]

  • スケジュール管理(カレンダー:G Suiteと連携)
  • タスク管理(Evernote)
  • メモ(Google keep)
  • お客様、外注先さんとの連携(chatwork)
  • 仕事仲間、お客様とのコミュニケーション(LINE)
  • ブログ記事の下書き(Googleドキュメント)

[/box]

クライアント様へ提出する資料、ブログの校正作業以外の殆どは、スマホでできます。

大半の仕事はスマホがあればどこでも仕事ができます。

便利な世の中ですね。

ノマド歴10年のブログ筆者が愛用するITツール【業務ツールから情報収集まで】

2017.12.30

 

モバイルWi-Fiは「Aterm MR05LN」

ノートPC用に、モバイルルーターを持ち歩いています。

公衆無線LANはセキュリティが微妙なので使いません。通信機器は自前の物を持ち歩いてます。

本体は毎月980円で割賦(24回払い)購入で、毎月の通信料は月額900円(3G)と、月2,000円程度のコストでモバイルルーターが使えます。

キャリアはIIJmioです。

 

移動中の読書は「Kindle」【目が疲れにくく読みやすい】

移動中は本を読むのが好きなのですが、本を持ち歩くと鞄が重たくなるのがネックです。

Kindleだと持ち運びが非常に楽で、鞄が重くなりません。また、片手で持って読んでも苦にならないので便利です。

スマホでもアプリをインストールすれば読めるのですが、スマホの画面とKindleでは読みやすさが全く違います。

Kindleの方が目が疲れにくいです。

 

ハンディスキャナーは「ScanSnap iX100」

「ScanSnap iX100」は重さ400gの非常に軽いハンディスキャナです。

ハンディと言っても性能は十分です。複合プリンタのスキャナもありますが、お手軽さとスピードでは「ScanSnap iX100」が上回ります。

A4用紙1枚スキャンするのに、だいたい5秒ぐらいでスキャンできます。

外に持ち歩くことはしませんが、邪魔にならないサイズなので、とても重宝してます。

 

プリンターは「NEC color multiwriter 5800c」【使用頻度は低い】

コンサル事務所は提案書やプレゼン資料を作成する事が多いので、プリンターの使用頻度が高いケースが殆どですが、筆者はペーパーレス化を推進しているため、印刷する事が非常に少ないです。

印刷する必要がある場合には、自宅のカラーレーザー(NEC color multiwriter 5800c)を使うか、kinko’sでプリントするか、コンビニのネットワークプリンタを使用しています。

外で印刷すると一枚当たりの単価は若干割高になりますが、そもそも印刷量が通常のコンサル事務所よりも少ないので、それで十分です。

お客様との資料のやり取りも、基本的には、メールやクラウドストレージで行っており、郵送やFAXでの資料の受け渡しはほとんど行っていないため、印刷する機会がほとんど無いです。

 

まとめ

本記事で紹介したモノさえあれば、筆者の仕事は滞りなく遂行できます。

ノートPCだけだと心もとないのでは?などと聞かれることもありますが、ノートPCだけでも全く問題ありません。

一応、デュアルディスプレイ用のモニターや、デスクトップPCも持ってますが、1年以上全く触っていません。ということは、有っても無くても困らない訳です。

 

事業計画書の収支計画や、資本政策を作成するときはデュアルモニターを使うとエクセルのシートが見やすいですが、それ以外に使う事はないので、こういった作業はエクセルの表示自体を縮小表示して、全体を見るようにしています。

本記事が業務効率化などの参考になれば幸いです。

 

ちなみに、以下の記事で筆者が愛用しているITツールを紹介していますので、こちらも合わせてどうぞ。

ノマド歴10年のブログ筆者が愛用するITツール【業務ツールから情報収集まで】

2017.12.30
タイトルとURLをコピーしました