資金ショートが迫るなか「自分達が働いている会社は絶対倒産させない!」と幹部全員が一致団結してサラ金から借りまくり、倒産回避した話

業績が悪化して資金繰りが厳しくなると、社内の雰囲気がだんだん悪くなっていきます。なんとなく居心地が悪いというか、事務所の空気が重いというか…。

資金繰りで頭がいっぱいになっている経営者の方は、こういった雰囲気の変化になかなか気づかないと思いますが(それどころでは無い場合が多いので)、社員の方は別です。経営者の方が考えている以上に敏感です。

有能な社員ほど逃げるように辞めていく

社内の不穏な空気をいち早く察知するのが、仕事ができる有能な社員です。

本来、最も隠し通したい相手だと思うのですが、やはり、隠し通す事は難しく、比較的早い段階で「この会社はヤバイ」と察知されてしまうため、気づかないふりをしながら水面下で就職活動をされてしまい、経営を立て直す大事な時期に辞められてしまう。という憂き目にあうケースが少なくありません。

極稀に例外がある

会社がピンチになると、有能な社員から離れていくのはどこの会社でもよくある話だと思いますが、極稀に、そうはならないケースがあります。

「自分達が働いている会社は絶対に潰さない!」という一体感が生まれる事もあるのです。

今回お話しするのは、「一体感が生まれて会社が再生した」というありきたりな美談ではなく、一風変わったケースをお話したいと思います。

 

月末の資金ショートが不可避となり、このままでは倒産してしまう

販売不振で業績が悪化する中、銀行融資も打ち切られ、月末の資金ショートはどうしても避けられませんでした。返済の全額ストップ、消費税・社会保険料のジャンプ等、緊急時の支払いを実践しても、それでも資金が足りませんでした。

従業員に支払う給料を1カ月だけ待ってもらうよう、お願いしようかとも考えたのですが、従業員の大半はパートさんであり、遅配でもしようものなら「出勤しない」と言われかねません。

仕入先へ一部ジャンプのお願いをしに行こうかとも考えたのですが、仕入先は大手企業ばかりで、こちらも決められた期日に支払いをしないと、取引停止となり、今後、商品を仕入する事ができなくなります。

これ以上銀行から融資を受けることはできないし、社長も高齢のため、ノンバンクから借りる事も出来ず、八方ふさがりとなってしまったのです。

「万策尽きたか…」とうなだれながらも、役員として働いている息子さんにも現状を伝えなければならないので、社長は意を決して息子さんに「恐らく破産するかもしれないから、覚悟しておいて欲しい」と伝えたところ、息子さんはすぐに幹部全員を召集し、ミーティングを実施したのです。

 

全員で金を集めれば何とかなるのでは?

息子さんが幹部全員を招集し、ミーティングしているところを傍目で見ていた社長は、「今から売上上げよう等とはっぱをかけたところで、支払日に到底間に合わない。ミーティングしても意味が無い」と、ミーティングの内容を聞かず、破産準備のために法律事務所に行ってしまいました。

ところが、このミーティングは売上を上げよう等と言った話ではなく、

  • 会社は今どれぐらい金が足りないのか?
  • 仮に、今月資金の都合がついたとして、来月は大丈夫なのか?
  • 今月だけ資金が回らないという事であれば、自分達で会社に金を貸してあげても良いのでは?

会社の資金繰りをストップさせないために、我々も何か協力できる事はないか?という事を話し合っていたのです。

自分達で会社に金を貸して、倒産を回避しよう!という結論に至った。

ミーティングの結果、

  • 足りない資金は約450万円
  • キャッシング枠のあるクレジットカードを持っている人は、消費者金融で100万程調達した後に50~100万程度キャッシングする
  • クレジットカードを持っていない者は、消費者金融を回って一人150万借りる事を目指す(最低でも1人100万円)

という事が決まり、すぐに駅前にある消費者金融が入居するビルに全員で向かいました。

なんとか目標額を集めることが出来た

同じ会社の人間が一日に3人も4人も同じ消費者金融の窓口に行くという、摩訶不思議な出来事ではあると思うのですが、消費者金融で410万円のお金を集める事が出来ました。残りの40万円はキャッシング機能の付いたクレジットカードを持っている人がいたので、すぐにATMで下ろし、無事、全額集める事が出来ました。

お金を集めた翌日、幹部達は社長に「会社の資金繰りこのお金を使ってください。自分達に金利とかはいりませんので、このカード(消費者金融で発行されたカード)に返済をして貰えればそれで良いです」と言って、450万円を渡したのです。

社長はさっさと受け取って銀行に行ってしまった…

現金を見るまでは破産する気満々の社長でしたが、幹部達がお金を目の前に持ってきてから、表情は一変しました。破産する事しか考えていなかった生気の無い表情は笑顔を取り戻したのです。

「これで資金ショートしなくて済む!破産しなくて済む!」絶望からの復活でした。ここで感動のやり取りが起こるのかと思いきや、社長はさっさと「取引先に振り込んでくるから、このお金を持っていくよ、ありがとう!」といって、さっさと銀行に行ってしまいました。

 

かくして、倒産は回避された

幹部の方々が金策して、450万というお金を工面してきたことにより、この会社は倒産を回避する事が出来ました。このように資金を集めたケースは非常にレアだと思います。

会社のために社員がお金を貸してくれるという事は殆どありません。代表者が会社に金を貸すという事であれば、よくある話ではありますが、株主でも何でもない社員が金を貸すという事は非常に珍しいです。

この会社の幹部は全員、社長の息子さんの地元の同級生なので、幹部全員付き合いも長く、子供の頃から家族ぐるみでの付き合いをしていたという背景もあり、「会社のために全員で金を借りよう!」という思考になったと思うのですが、通常はあり得ません。

この会社のその後についてはご想像におまかせしますが、とにかくこの会社には「全員の力でなんとしても持ちこたえてやる!」という一体感というか、妙なグルーブ感がありました。こういった事が推奨されるかどうかの言及は避けますが、このように、ピンチを乗り切ろうとするケースもあるのです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている