【基礎知識】債務超過を解消する4つの方法と会社に及ぼす悪影響を解説

事業再生
  • 決算が赤字で債務超過になっちゃったよ…債務超過だと銀行や政府系金融機関からの融資が難しくなるみたいだから、なるべくなら解消したいよ。
  • 融資を受け難くなるほかにも、債務超過になることで会社が直接的に悪影響を受けるような事ってほかに何かあるかな?
  • 債務超過の状態が続くのは会社のメリットは無さそうだから、解消する方法があれば知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

債務超過が会社に及ぼす悪影響は2つ

債務超過に陥ったことが原因で会社が倒産する事はありませんが、債務超過を解消しないと今後の事業継続に重大な支障をきたすことになります。

そのため、一日でも早く債務超過の状態を解消するように努力しましょう。特に問題なのは次の2つです。

  • 銀行融資が借り難くなる
  • 取引先からの与信が悪化する

上記のとおりです。

銀行融資が借り難くなる

債務超過になると銀行や政府系金融機関からの資金調達はぐっとハードルが上がります。

【銀行融資】債務超過でも新規融資を受けることはできる?【状況次第】」という記事でも解説しているとおり、債務超過だからといって必ずしも融資を断られる訳ではありませんが、銀行や政府系金融機関などの貸し手からすると、債務超過よりも資産超過の会社の方が融資しやすいのは間違いありません。

  • 〇 資産超過 → 審査に有利
  • × 債務超過 → 審査に不利

債務超過だと審査に不利なので早期に解消しましょう。

取引先からの与信が悪化する

取引先が大手だと、決算書の提示を求められる場合が少なくありません。

この時、決算書が債務超過だと取引条件が悪化するのは間違いありません。最悪の場合、取引停止という可能性もあります。

  • 資産超過 → 与信枠の確保・増大
  • 債務超過 → 与信枠の縮小、現金取引の要求、取引自体停止となる可能性もある。

こちらも債務超過だとプラスになる事は一つもないので、早期に解消しましょう。

 

債務超過を解消する方法を4つ紹介

債務超過を会社する方法はシンプルに4つしかありません。

  • 収益を獲得する(儲ける)
  • 増資する(出資してもらう)
  • DES(デット・エクイティ・スワップ)をする
  • 債務免除を受ける(債権者に債権放棄してもらう)

上記のとおりです。

収益を獲得する(儲ける)

収益を獲得すれば資本が増えます。資本が増えれば債務超過は解消されます。

反対に、赤字になれば資本は減少し、債務超過は膨らみます。

  • 利益が出る → 資本が増える
  • 損失が出る → 資本が減少する

債務超過を解消するために儲けまくりましょう!

増資する(出資してもらう)

経営者自身で資本を増資するか、あるいは、身近な人や投資家・機関投資家から出資してもらうことで、資本を増強し債務超過を解消する事ができます。

DES(デット・エクイティ・スワップ)をする

DES(デット・エクイティ・スワップ)の言葉の意味は、次の3つの単語を合わせた言葉です。

  • デット(Dept) → 負債
  • エクイティ(Equity)→ 資本
  • スワップ(Swap) → 交換

つまり、負債を株式に交換(変換)する事で、擬似的に増資する事で資本の増強を図る方法です。

実際にお金の動きがある訳ではないので、あくまで帳簿上の事ではあるのですが、財務内容は解説されます。

DESは債権放棄を含む取引なので、儲けてもいないのに利益計上する事となるため、高額な税金が発生する可能性があります。

従って、DESを検討する際は税理士に相談しながら検討するようにしましょう。

債務免除を受ける(債権者に債権放棄してもらう)

債権者に債権放棄してもらうことで、負債が減少し、債務超過を解消することができます。

債務免除を受けると、DES(デット・エクイティ・スワップ)と同じで、儲かってもないのに利益計上することになり、高額な課税をされる可能性があります。

せっかく債権免除を受けても多額の債務免除益が発生してしまい、高額な税金が発生してしまったらメリットが全くありませんので、必ず税理士に相談するようにしましょう。

 

まとめ

以上、債務超過を解消する方法を4つ紹介しました。

債務超過を放置すると、銀行や政府系金融機関から融資を受けにくくなるばかりか、取引先からの与信も悪化するので、債務超過に陥ってしまったら少しでも解消するよう努力しましょう。

 

 

人気記事資金繰りのコンサルタントがおすすめするビジネスローン5社

タイトルとURLをコピーしました