手続き簡単!新設会社や自営業者でも作れる法人ETCカード。メリットや発行までの流れを解説

新設会社や自営業者は、3年以上の業歴のある企業や個人のクレジットカードのようにETCカードを簡単に作る事はできません。

というのも、カードを発行するクレジット会社が、会社設立から3年以上経ち、なおかつ財務内容が良くないとカードが発行されないからです。

新設法人・自営業者がETCカードを作るのは難しい

ETCカードを作ろうと考えた場合、通常は「ETC付きのクレジットカード」を申し込むケースが殆どだと思います。しかし、ETC付きのクレジットカードは、契約の際に与信審査が必要となります。

設立したばかりの法人や自営業者の場合、クレジットカードの審査を通すのは非常に厳しく、落とされてしまう場合が殆どです。クレジットカードの審査が通らないということはカードが発行されない訳ですから、当然、ETCカードを作る事はできないという事になります。

そのため、法人ETCカードを作る事が出来ない新設会社や自営業者さんは、個人のETCカードを使用するか、現金払いを余儀なくされます。

しかし、個人のETCカードを使うと、「公私の区別が難しい」といった理由で、法人カードへ変更するように指導を受けるケースが少なくありません。また、現金利用の場合、時間帯・休日30%割引のETC割引も受けられないですし、領収書の紛失というリスクもあります。

組合系はクレジット審査が無いから作り易い

しかし、クレジットの審査の無いカードであれば話は別です。

高速情報協同組合のような組合系が発行しているクレジット機能のないETCカードであれば、信用が評価されない法人・自営業者であっても容易に作る事ができます。

高速情報協同組合の法人向けETCカードとは?

高速情報協同組合の発行する法人・個人事業主専用のETCカードは、一般の割引よりも更にお得な割引特典が付いており、高速道路を頻繁に利用する事業者さんが便利・お得に利用できるようにしたサービスです。

 

高速情報協同組合の4種類のETCカード

高速情報共同組合が発行しているカードは下記4種類あります。UC系とセディナ系の内容は殆ど変わりませんが(支払日が異なるぐらいです)、ETCマイレージカードはマイレージが付いて、平日朝夕割引(50%オフ)が適用されます。

ETCコーポレートカードは利用料に応じてさらなる割引がありますので、高速での移動が多い方はETCコーポレートカードがオススメです。

法人ETCカード(UC系)

法人・個人事業主向専用で、どの地域、どの業種でもお得になるETCカードです。

申し込みから10日程度でカードが発行されます。

詳細を確認→ 法人ETCカード(UC系)

割引 休日・深夜 30%オフ
デポジット 1万円(退会時に返金されます)
カード作成手数料 540円(税込)/1枚
取扱手数料 540円(税込)/1枚(年1回)
支払方法 月末締め、翌々月5日払い
注意点 請求書作成、信販会社への立替保証などに伴い、毎月の走行金額の5%が手数料としてチャージされます。

法人ETCカード(セディナ系)

法人・個人事業主向専用で、どの地域、どの業種でもお得になるETCカードです。

申し込みから10日程度でカードが発行されます。

詳細を確認→ 【ETC法人ブラックカード】

割引 休日・深夜 30%オフ
デポジット 1万円(退会時に返金されます)
カード作成手数料 540円(税込)/1枚
取扱手数料 540円(税込)/1枚(年1回)
支払方法 月末締め、翌々月8日払い
注意点 請求書作成、信販会社への立替保証などに伴い、毎月の走行金額の5%が手数料としてチャージされます。

法人ETCカード(マイレージサービス)

マイレージが貯まる、法人・個人事業主向専用ETCカードです。

申し込みから10日程度でカードが発行されます。

詳細を確認→ 法人ETCカード(マイレージサービス)

割引 休日・深夜:30%オフ 朝夕割引:50%オフ
デポジット 1万円(退会時に返金されます)
カード作成手数料 540円(税込)/1枚
取扱手数料 540円(税込)/1枚(年1回)
支払方法 月末締め、翌々月8日払い
注意点 マイレージポイント全額還元《高速道路(株)の規程》及び立替保証、請求書作成、マイレージ登録など全て組合が手続きするため、毎月の走行金額の8%がチャージされます。

ETCコーポレートカード

首都・阪神高速道路のボリュームディスカウト割引に対応したETCカードです。東・中・西日本高速道路(株)、首都高速(株)、阪神高速道路(株)、本州四国連絡高速道路(株)もご利用可能です。

申し込みから10日程度でカードが発行されます。

詳細を確認→ 首都・阪神高速料金 最大20%割引

割引 休日・深夜:30%オフ 朝夕割引:50%オフ  さらに最大20%オフ
デポジット 1万円(退会時に返金されます)
カード作成手数料 617円(税込)/1枚
取扱手数料 617円(税込)/1枚(年1回)
支払方法 月末締め、翌々月8日払い
注意点 請求書作成、信販会社への立替保証などに伴い、毎月の走行金額の5%が手数料としてチャージされます。
クレジット系のETCカードでは、ボリュームディスカウントによる割引はありませんが、こちらのカードは唯一ボリュームディスカウントによる割合があります。

 

高速情報協同組合のETCカード6つのメリット

現金と比較して最大50%の割引料金が適用される

ご存じのとおり現金利用の場合、高速道路の割引は適用外となりますが、ETCカードであれば利用時間や回数に応じて割り引き料金が適用されます。

深夜・休日は30%割引です。

50%の割引適用はマイレージカード、ETCコーポレートカードの2つです。

高速料金の管理が楽

利用明細(請求書)が出るので、高速利用料の管理が簡単です。また、複数でカードを利用する場合、カード毎にインターの入口・出口が分かり、カード毎に金額が算出されるため、利用状況の把握が簡単です。

また、カードであれば領収書の紛失等といったリスクも回避できます。

利用料金は後日一括請求で便利

利用料の支払いは月末締めの翌々月5日の引き落とし(カードによっては8日の引き落とし)なので、社員に現金を持たせる必要はありません。利用明細が請求書とともに送付されるので、日々の高速利用料の管理が楽になります。

クレジット機能は無いので安心

クレジット機能が無いので、社員に渡しても問題ありません。法人ETCカードを利用できるのは高速道路だけですから、不正に利用されるというリスクは発生しません。

複数枚カードが作れる

カードは複数枚申し込めるので、従業員や車両の数に応じて申し込みが可能です。

デポジットはたったの10,000円

ETCカードを利用するにはデポジット(預かり金)が必要となりますが、金額は1万円なので、大きな負担にはならないと思います。また、利用を辞める時にデポジットは返金されますので安心です。

ガソリンカードも申込みできます

高速情報協同組合で法人ETCカードを作れば、ガソリンカードを発行できます(利用可能スタンドはENEOS・出光のいずれか)。高速料金もそうですが、ガソリンを給油する際、従業員に現金を渡すと不正リスクが高まりますが、ガソリンカードがあれば不正リスクを減少できます。

車両限定なので、車両番号ごとに管理できる

ガソリンカードは車両限定なので台数分の申込みができます。また、車両限定なので「車両番号ごとに給油明細表を利用できる」ため、どの社用車でどれだけの給油をしているかといった確認が楽です。

ガソリン・軽油価格は毎月末に平均価格から算定されるので、全国一律価格で給油できます。

高速料金と同じく給油代の合計額が請求書に記載されているので、給油のたびに帳簿記入を行わなくても1ヶ月分のガソリン・軽油代を一括で交通費計上でき、経理業務の簡略化に貢献します。

 

まとめ

  • 法人を設立したばかりでETCカード付きのクレジットカードが作れない
  • 法人クレジットカードは必要無いが、法人ETCカードは利用したい
  • 事情があり、クレジットカードは使えなくなったが、高速道路を使った移動が多く、ETCカードが無いと困る

等といった経営者や自営業者の方は、高速情報協同組合から発行されている法人ETCカードのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

気に入っていただけたらシェアお願いします。


初心者でもプロが作ったようなウェブサイトが作れます

WordPress(ワードプレス)を使う事で、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

パソコンが苦手でも、手順通り進めればウェブサイトを作れるよう解説しています。


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている