【効率化】おすすめなクラウド会計ソフト3選【資金調達しやすい】

法人向けサービス
  • クラウド会計ソフトの導入を検討しているけど、ネットで検索するとたくさん情報が出てきて、結局どの会計ソフトを導入すれば良いのか分からないよ。
  • クラウド会計ソフトを検討する時のポイントや、おすすめのクラウド会計ソフトがあれば教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

クラウド会計ソフトを選ぶポイントは2つ

ネットで「クラウド会計ソフト」と検索すると、いろいろなソフトや、比較サイトの情報がわんさか出てくるので、「結局、どのクラウド会計ソフトを使えば良いの?」といった感じで迷ってしまう方も少なくありません。

クラウド会計ソフトを選ぶポイントは2つあります。

  • 自動仕訳ができる
  • AI融資と連携できる

上記のとおりです。

自動仕訳ができる

自動仕訳ができると以下の作業がワンクリックで実現できます。

  • 銀行口座 → 入出金データを自動仕分け
  • クレジットカード → 支払いデータを自動仕分け
  • Eコマース(ネットショップ) → 販売・決済データを自動仕訳

自動仕分けができないと人が手で入力する手間が発生するので、非効率です。

  1. 金額を入力する
  2. 勘定科目別に仕分けする

自動仕分け機能が使えると、データの取り込みから仕訳までワンクリックで完了するので効率的です。

 

ちなみに、経費を現金で払うと手入力の手間が発生するので、旅費交通費や雑費、事務用品はクレジットカードやデビットカードを使うと、手入力の手間が無くなるので楽です。

【2020年版】法人デビットカードおすすめ4選!特徴やメリットデメリットなどを解説【新設法人OK】
経費の支払い等があるからクレジットカードを作りたいけど、会社を設立したばかりだからクレジットカードの審査が通らないよ。 カードが無いとネットや経費精算が面倒だからクレジットカードが必要だけど、事情があってクレジットカードが使えなく...
ネットショップを簡単開設!おすすめのショッピングカート5選
自社サイトにショッピングカートが付いているけど、今のシステムは使い難いから他のシステムに変更したいよ 操作が難しいとスタッフに憶えて貰うのが大変だから、簡単に使えるシステムを使いたいよ。 決済サービスと連動しているショッピング...

AI融資と連携できる

AI融資は、従来の銀行融資のように人が審査するのではなく、AIが会計データを元に自動的に融資の可否を判断します。

AI融資は、スタンドアロン(パソコンにインストールするタイプ)の会計ソフトを使っていると、利用する事はできません。

 

ちなみに、AI融資は以下の記事で紹介していますので、是非どうぞ。

AI融資は銀行融資と比較すると金利が高めなので、銀行融資を利用している企業からするとメリットは感じないかもしれませんが、イザという時のために資金調達手段を持っておくことは、プラスになることはあってもマイナスになる事はありません。

また、「みずほ銀行がAIによる法人向け融資審査を導入!決算書の審査との違いを解説」でも解説しているとおり、銀行は法人向けの審査にAIを導入するようになってきています。

他金融機関もAI審査を導入することを発表していますので、銀行融資の審査はどんどんAIに取って代わられるようになります。

この点からも、クラウド会計ソフトは外せません。

 

おすすめなクラウド会計ソフト3選

それでは、自動仕訳ができて、AI融資と連携可能なおすすめなクラウド会計ソフトを3つ紹介します。

  • マネーフォワード クラウド会計
  • 弥生会計 オンライン
  • freee(フリー)

上記のとおりです。

マネーフォワード クラウド

マネーフォワードは連携サービスも多く、振替伝票の入力もできるので、経理が苦手な方からベテランの経理担当者でも使えやすい会計ソフトです。

実際に筆者も使ってますが、画面も見やすく使いやすいです。

マネーフォワードクラウドの特徴
  • 自動取り込み可能な提携金融機関が最も多い
  • チャットサポートのレスポンスが早い
  • 1ヶ月の無料お試しあり

公式サイト:マネーフォワードの無料お試しはこちら

弥生会計 オンライン

パッケージ版ソフトの「弥生会計」は有名なので説明不要だと思いますが、弥生会計のクラウド版です。

弥生会計 オンラインの特徴
  • 長年、会計ソフトを開発・販売されてきただけあり、インターフェースが分かりやすい
  • 電話サポートに定評あり(コールセンターの席数は740以上あるので待ち時間が短い)
  • 2ヶ月の無料お試しあり

公式サイトやよいの青色申告オンラインの無料お試しはこちら

freee(フリー)

freee(フリー)は会計が苦手な方におすすめなクラウド会計ソフトです。簿記が分からない方で簡単に使えるよう設計されています。

また、POSレジやEコマース(ネットショップ)との連携もスムーズで、売上データを簡単に自動取り込みできます。

freeeの特徴
  • 連携可能なWebサービスが多い
  • 簿記が分からない方でも使える
  • 無料プランあり(ただし、機能が大幅に制限されており、お試し利用的な位置づけ)

公式サイト:freee(フリー)の無料お試しはこちら

 

まとめ

以上、おすすめなクラウド会計ソフトを3つ紹介しました。

どのクラウド会計ソフトを使うかは実際にお試しで触ったりして、使い勝手を試した方が良いですが、あえておすすめするとしたら次のとおりです。

自動仕訳はとにかく便利ですので、今現在、自動仕訳ができない会計ソフトを使い続けているのであれば、自動仕訳の便利さを体験してみて下さい。

 

人気記事【税理士紹介】条件に合った税理士を無料で早く探せるおすすめ紹介サイト3選

人気記事【2020年版】法人デビットカードおすすめ4選!特徴やメリットデメリットなどを解説【新設法人OK】

人気記事ネットショップを簡単開設!おすすめのショッピングカート5選

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました