事業再生コンサルに依頼せずに単独で解決する方法【5ステップだけど1年以上かかりますよ】

  • コンサルタントに依頼した方が楽なんだろうけど、費用的な面も含めて外部の専門家に依頼せずに単独で解決しようと考えているよ。
  • 資金繰りが厳しい中、コンサルタントに依頼すると毎月の支払い負担が増えるから、独学で解決しようと思っているよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

事業再生コンサルに依頼せず独学で解決するには、まずはゴールを設定から

コンサルタントに依頼しなくても独学で事業再生を学び、単独で問題解決するための具体的なステップをお伝えする前に、まずはゴール設定からお伝えします。

本記事で目指しているゴールは以下の通りです。

  • 専門のコンサルタントに依頼しなくても単独で解決できるようになる

ゴールの無い独学はゴールのないマラソンと同じで、最初は走る事ができても途中で息切れしてしまい、諦めてリタイアするだけですので、ゴールを目指して着実に前に進みましょう。

それではさっそく、具体的な手順に進みましょう。

 

1. 決算書から問題点を抽出する

一番最初のステップは、自社の財務内容を詳しく把握して問題点を把握する事です。

問題点を把握していないのに、本を読んだりネットで調べても意味がありませんので、最初は問題点を抽出するところから始めましょう。

3期分の決算書を用意して以下の数字の流れと傾向を掴みましょう。

  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • 経営者個人の資産・負債状況の把握

具体的にどのような項目を確認すれば良いのか、という事について、「詳細な現状把握につとめましょう」という記事で詳しく解説していますので参考にして下さい。

資産の部は時価評価に洗い替えして精査する

資産の部の以下の項目については、基本的に取得時の簿価で記載されているケースが殆どです。

  • 流動資産 → 棚卸資産
  • 有形固定資産 → 土地、建物(付属設備含む)、機械(設備関係)、車両なd
  • 無形固定資産 → 投資有価証券、出資金、保証金、敷金、保険積立金、会員権など

土地以外の有形固定資産の場合、殆どが償却資産となりますので、償却済みの価額を記載しているケースが一般的です。

つまり、決算書に記載してある価額は時価(相場価格)ではありませんので、できる限り時価評価に洗い替えして精査するようにしましょう。

特に、ゴルフ会員権などは取得時の簿価は300万円とか計上されていても、実際に売却するとなると値段が付かなかったりするケースもありますので、あくまで売却する事を想定した時価評価で精査するようにしましょう。

 

ちなみに、土地・建物の時価評価は、以下の記事で紹介している一括査定サービスを活用すると簡単かつスピーディーに市場価格を把握することができます。

複数の不動産業者から無料で査定価格を取得できますので、こういったサービスを活用する事も検討しましょう。

「不動産一括査定サービス」なら匿名で売却相場価格を無料で調査可能【おすすめのサイト3選】

2018.08.17

 

2. 基礎知識を本で学ぶ【超重要】

財務状況を精査したら、本を読んで基礎知識を学びましょう。

ネットで調べた方が早いのでは?と思うかもしれませんが、もちろん、場合によってはネットで調べた方が早かったりするケースもあります。

とはいえ、基礎知識の無い方がネットの情報を上手く活用できるかというと、筆者個人的には難しいと考えています。その理由は4つあります。

  • 基礎知識が無いと情報の選別ができない(ネットの情報は新・旧入り乱れており、正しくない情報も掲載されているため)
  • 専門的な知識はネットでの調べ方が分からない場合がある(専門用語があるため)
  • 知識が断片的になりがち(要所要所で大切な知識が抜け落ちてしまうケースがある)
  • 最初に本を読んで体系的に学び、その後(あるいは同時並行)にネットで調べた方が精度が上がる

こうした理由があるので、最初に本を読んで体系的に学ぶことをおすすめします。

 

ちなみに、 以下の記事で事業再生の分野を学ぶことができる書籍を紹介していますので参考にしてください。

事業再生コンサルティング業務で参考にしている書籍まとめ

2017.10.24

 

3. ネットで情報収取する

書籍を読んで基礎知識を体系的に学んだら、ネットで情報収集しましょう。

基礎知識がないとネットで情報を調べても、細かい部分が分からなかったりするケースが少なく無いと思いますが、予め書籍で基礎知識を学んでいれば、多少内容が難しかったりしても、ある程度は理解できるようになっていると思います。

また、基礎知識を学んでいれば情報の選別もできるようになっていると思いますので、分からない事があれば、ネットで情報収集しましょう。

ネットには書籍にはない事例があったり、最新情報が掲載されていますので、使えそうな情報だけをピックアップして情報収集するようにしましょう。

 

4. 商工会や再生支援協議会に相談して第三者の意見を聞く

現状を把握し、書籍で基礎知識を学びつつ、ネットで情報収集するようになると、ある程度は今後の方向性の大枠が頭に浮かんでくるようになると思います。

この段階になったらすぐに行動に移して良いとは思うのですが、答え合わせ的な意味合いで第三者の意見を聞かれることをおすすめします。

民間のコンサルタントに相談すると費用がかかりますが、商工会(再生支援の窓口)や再生支援協議会などであれば無料で相談する事ができます。

専門家も多数在籍していて、いろいろな事案に関与しているという事もあり、専門家による集合知を無料で活用できるのはメリットがあると思います。

ですので、今後の大枠が浮かんできたら、細かい部分や「この部分は実務上、どのような対応になるのか?」等、不安に思っている事があれば、専門家に相談するようにしましょう。

 

5. 方向性が明確になったら行動する

現状把握で問題点を把握し、基礎知識が学んでネットで情報収集し、専門家の意見を聞くと、今後の進むべき方向性が明確になっていると思います。

方向性が明確になったらあとは行動を起こすだけです。

方向性が明確になっても、実際に行動を起こさないと現状は変わりません。

実際のところ、何年も前から毎年のように相談に来られて、毎年のように同じような相談をされるお客様がいます。

相談の帰り際に「後は社長の決断ですが、実際に行動を起こさないとこれから先、延々と金利を払い続けるだけで利益を全部喰われて終わりですよ。」と言っても、「動かないといけないのは分かっているんだけど、とりあえず役員報酬も手に乗っているし、なかなか決断できなくて…」と言います。

行動しないと状況は変わりませので、必要な知識と方向性が明確になったら、解決に向けて行動を起こしましょう。

 

まとめ

以上、事業再生コンサルタントに依頼せずに単独で解決する方法について解決しました。

基本的には5ステップでOKなのですが、基礎知識を学習するのに恐らく1年以上はかかると思います。

専門書を読むのが苦痛ではないという方は独学で今後の方向性を考え、解決に向けて行動するようにしましょう。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。