【銀行融資】リスケを依頼するタイミングはいつ?具体的な時期と手順を解説

  • 借入金の返済が厳しくなってきたからリスケジュールをお願いしようと考えているけど、リスケジュールってどのタイミングで銀行に切り出せばいいのかな?
  • 手元資金が無くなるギリギリまで返済した方が良いのかな?それとも、ある程度は手元資金を残してから切り出した方が良いのかな?
  • 銀行にリスケジュールを依頼するタイミングを知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

銀行にリスケジュールを依頼するタイミングは新規融資を断らた時【結論】

【銀行融資】リスケジュールで返済額を見直して資金繰り改善【基礎知識】」という記事でも解説していますが、借入金の返済負担が大きい場合、既存の借入金のリスケジュール(返済条件変更)検討することになります。

この時、「どのタイミングで銀行にリスケジュールを切り出せば良いのか?」という疑問が出てくると思いますが、結論から言うと、新規融資を依頼して断られた時がリスケジュールのタイミングといえます。

理想のタイミングは「手元資金が月商の1ヶ月分を割り込みそうな時」

資金ショートギリギリまで返済を続けてから新規融資を依頼するのは非常に危険です。

融資して貰えれば良いですが、断られたら手元資金が枯渇します。

こうした状況にならないよう、月商の1カ月分ぐらいの手元資金を確保した状態で銀行に新規融資を依頼して、銀行から新規融資の謝絶回答があった際に、リスケジュールを依頼するというのが適切なタイミングだといえます。

リスケジュールの決断を先延ばしにすると資金ショートの確率が上がる

銀行に融資を断られているにもかかわらず、リスケジュールすることを決断しないと、手元資金は日を追うごとに減少していきます。

リスケジュールすると借りれなくなるからといって、決断を先延ばしにする方をよく見かけますが、「【銀行融資】リスケジュールして融資を受けれなくなったら困る!【借りれない心配は無駄】」という記事でも解説しているとおり、そもそも新規融資を断られている時点で、今後の新規融資は絶望的です。

財務内容が劇的に改善すれば可能性は出てきますが、改善してもないのに新規融資をしてもらえるかどうか悩んでいても、全く意味がありません。

悩んだところで銀行が融資する訳ではありませんし、悩んでいる間に次の返済日はどんどん近づいてきますので、新規融資を断られたらすぐに決断しましょう。

 

銀行にリスケジュールを依頼する具体的な手順

銀行に新規融資を断られたらリスケジュールを依頼するとお伝えしましたが、一応、借換えの可能性を模索した方が良いです。

ですので、厳密には次の手順に沿って依頼すると良いです。

  • 手順①:月商の1ヶ月分程度の手元資金を確保した状態で新規融資を依頼する
  • 手順②:新規融資を断られたら「借換え」を依頼する
  • 手順③:借換えを断られたらすぐに「リスケジュール」を依頼する

上記のとおりです。

手順①:月商の1ヶ月分程度の手元資金を確保した状態で新規融資を依頼する

まずは新規融資の可能性を探るため、月商の1カ月分程度の手元資金を確保した上で、新規融資を依頼します。

ここで新規融資を受ける事ができれば融資を受ければ良いですし、もし仮に、新規融資を断られたら次に「借換え」が可能かどうかを確認します。

手順②:新規融資を断られたら「借換え」を依頼する

担当者に「借換え」が可能かどうかを確認すると、次の2パターンに回答が分かれます。

  • 「戻り次第(銀行に)確認してみます」と言われる → 可能性はゼロでは無い
  • 即答で「借換えも難しいです」と言われる → 財務内容が改善しない限り新規融資は絶望的

借換えを依頼して、担当者に「確認する」と言われた場合、もしかしたら望みがあると思いますので、ひとまず担当者の返答を待つことになりますが、

即答で「借換えも難しい」と言われたら、財務内容が改善しない限り新規融資は絶望的なので、そのまま「リスケジュールして欲しい」と伝えた方が良いです。

 

ちなみに、以下の記事で借換えについて詳しく解説していますので、興味のある方はぜひ参考にして下さい。

【銀行融資】リスケジュールと借換えはどう違うの?両者の違いを解説

2019.09.02

手順③:借換えを断られたらすぐに「リスケジュール」を依頼する

借換えを即座に断るという事は、財務内容が改善しない限り、頑張って返済を続けても新規融資は絶望的です。

新規融資を受ける事ができないのに返済を頑張っても、近い将来資金ショートを起こし、倒産してしまいます。

頑張って返済したところで融資を受ける事ができる保証はどこにもありませんので、借換えを断られたらすぐに「リスケジュールして欲しい」と伝えましょう。

 

リスケジュールを依頼する際に気を付けること

  • 中途半端に返済しようとせずに「元本ゼロ」でお願いする
  • 資金繰り表、試算表、経営改善計画書も忘れずに提出しましょう

上記のとおりです。

中途半端に返済しようとせずに「元本ゼロ」でお願いする

リスケジュールを依頼する際、「いくら返済すれば良いのか?」という疑問が出てくると思いますが、基本的に元本ゼロで依頼した方が良いです。

銀行の立場からしたら、数万円でも良いから返済して欲しいところだと思います。とはいえ、ここで頑張って返済してしまうとリスケジュールの効果は小さくなります。

また、中途半端に返済しようとすると、後々資金繰りが厳しくなるのは明白てすから、中途半端に返済しようとせず、思い切って元本ゼロで交渉するようにしましょう。

 

もし万が一、銀行の求めに応じてある程度の金額を返済するような流れになってしまった場合、「すでにリスケジュール中だけど、さらなる条件変更は可能?【結論:可能】 」という記事でも解説しているとおり、さらなるリスケジュールも可能です。

ただ、余計な手間がかかりますので、最初から元本ゼロで交渉した方が楽だと思います。

資金繰り表、試算表、経営改善計画書も忘れずに提出しましょう

リスケジュールを依頼するにあたり、資金繰り表や試算表、経営改善計画書などの書類を提出して、リスケジュールが必要である理由を必ず説明するようにしましょう。

口頭だけだと説得力がありませんし、「資金管理もしていない企業」というレッテルを貼られかねません。

経営改善計画書の作成に時間がかかるようであれば、資金繰り表と試算表だけでも提出するようにしましょう。

 

まとめ

以上、リスケジュールを依頼するタイミングは何時なのか?ということについて解説しました。

おわり。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。