【保存版】ビジネスローンの特徴や利用時の注意点を徹底解説

資金調達
  • ビジネスローンで運転資金を調達しようと考えているけど、どのようなことに注意すれば良いのかな?
  • 審査が早く、最短即日というところも結構あるみたいだけど、やっぱり、金利は高いのかな?
  • ビジネスローンについて詳しく知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主向けの、事業者用の無担保ローン商品の事をいいます。

ビジネスローンは銀行よりも金利は高目に設定されていますが、金利が高い分、審査のハードルは低めに設定されているため、銀行融資の難しい企業でも融資を受けることができます。

 

ビジネスローンは、銀行や信用金庫、ノンバンク(預金業務を扱わない金融期間)が扱っています。

 

ビジネスローンの特徴は3つ

ビジネスローンの特徴は3つあります。

  • 審査はスコアリングシステムなので早い
  • 資金使途の自由度が高い
  • 総量規制の対象外

上記のとおりです。

審査はスコアリングシステムなので早い

ビジネスローンを扱っている金融機関の多くは、審査にスコアリングシステムを導入しているため、銀行のように人が審査するのではなく、システムで融資の可否を自動判別しています。

スコアリングシステムとは、統計データに基づいて、法人や個人事業主の信用力を点数化(スコアリング化)することで、融資の可否を決めるシステムのことをいいます。

システムで融資の可否を自動判別するため、審査は早く、最短即日で資金調達することも可能です。

資金使途の自由度が高い

ビジネスローンは資金使途の自由度が高いため、利用シーンが幅広いです。

  • 運転資金
  • つなぎ資金
  • 仕入れ資金
  • 設備投資
  • 他の借入の返済資金
  • 納税資金
  • 新規事業のための資金

総量規制の対象外

ビジネスローンは個人のカードローンとは異なるため、総量規制の対象外です。

総量規制とは

総量規制とは、過剰な貸付を防止する制度の事で、年収の3分の1を超える貸付は貸金業法で禁止されています。

総量規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。

出典:貸金業法のキホン:金融庁

例えば、年収600万円の方が貸金業者から借入できる合計額は、最大で200万円までとなります。

 

ビジネスローンで資金調達するメリット・デメリット

ビジネスローンを利用することによるメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット デメリット
  • 審査が早い
  • 審査が通りやすい
  • 担保・保証人不要
  • 個人事業主でも総量規制の制限を受けない
  • 金利が高い
  • 借入可能額が少ない
  • 今後の銀行融資に影響する
  • 創業間もない企業は利用できない

各項目の詳細については「【資金調達】ビジネスローンを利用するメリット・デメリットを解説」をどうぞ。

ビジネスローンを利用する時の注意点は2つ

  • 銀行にビジネスローンの借入が発覚すると今後の新規融資は難しい
  • 金利が高いので長期間利用すると利払い負担が増える

上記のとおりです。

銀行にビジネスローンからの借入が発覚すると今後の新規融資は難しい

銀行や政府系金融機関から融資を受けている方は、ビジネスローンを利用している事がバレないよう、注意が必要です。

銀行や政府系金融機関は、ビジネスローンを利用している企業を「高金利の借入を起こさければならないほど資金繰りに困窮している」というように見ます。

そのため、ビジネスローンを利用している事が発覚すると、今後の新規融資は非常に難しくなります。

 

元々、全ての取引行から融資を断られている、という事であれば、あまり関係ないかもしれませんが、そうでなければ利用している事がバレないような施策が必要です。

このことは「【銀行融資】ノンバンクの借入があると銀行が融資しない理由と借入を見抜くポイントを解説」で詳しく解説していますので、是非どうぞ。

金利が高いので長期間利用すると利払い負担が増える

ビジネスローンは銀行融資と比較すると、金利が高いです。

具体的な金利相場は次のとおりです。

  • ビジネスローンの金利相場 → 6.0~17.8%(8%が多い)

ビジネスローンを利用すると利払い負担が増大し、経常収支が悪化します。

ですので、利用を検討する際は、今の収益で借入利息を払う事ができるのかどうか、収支状況を確認しましょう。

 

ビジネスローンのよくある疑問

最後に、ビジネスローンのよくある疑問を6つ紹介します。

  • 創業したばかりでも利用できる?
  • 個人事業主でも利用できる?
  • 赤字でも利用できる?
  • 税金・社会保険料を滞納しているけど利用できる?
  • 銀行融資をリスケ中だけど利用できる?
  • 個人信用情報がブラックでも利用できる?

上記のとおりです。

創業したばかりでも利用できる?

ビジネスローンの殆どは、創業したばかりの企業に対する融資はNGとなっています。

審査はスコアリングシステムなので早い」でも説明しましたが、ビジネスローンはスコアリングシステムによる審査を行っていますが、審査を行う際に2期分の決算データを入力する必要があります。

創業したばかりの会社は決算書がありませんので、申込み自体ができない場合が殆どです。

個人事業主でも利用できる?

ビジネスローンは個人事業主でも利用できます。

ただし、総量規制の範囲内でしか融資を受けられない可能性が高いので、カードローンを目一杯利用していると審査に通らない場合が殆どです。

総量規制の対象外だが、実務上の扱いは異なる

ビジネスローンは総量規制の対象外となっており、個人事業主も例外ではありません。

ただ、個人事業主は事業利益と個人所得が同じなので、実態としては個人と大差ありません。

  • 事業利益 = 個人所得

そのため、実務上では総量規制と同程度の水準で貸付限度額の審査を行い、総量規制を上回る金額の申込みをすると、審査に落とされる可能性があるのです。

赤字でも利用できる?

赤字の内容にもよりますが、銀行と違って決算が赤字でも借入できる場合が殆どです。

営業利益が恒常的に赤字だとかなり難しいですが、赤字の原因が減価償却によるものや、特別喪失などであれば、概ね審査に通ります。

税金・社会保険料を滞納しているけど利用できる?

基本的に、税金や社会保険料を滞納しているとビジネスローンの審査に通らないです。

短期間で完納の見通しが立っている場合、利用できるビジネスローンもあります。

税金・社会保険料の滞納は、資金調達するうえでプラスになる事は一つもありませんので、税金や社会保険料を滞納しそうなときに、納税資金を借りて納付するようにしましょう。

銀行融資をリスケ中だけど利用できる?

銀行融資をリスケジュールしている企業でも、ビジネスローンは利用可能です。

個人信用情報がブラックでも利用できる?

ビジネスローンはブラックだと利用できません。

銀行融資と違い、ビジネスローンは代表者個人の個人信用情報を重視しています。

そのため、信用情報機関に照会した際に、延滞の事実が掲載されていると、審査に通りません。

 

まとめ

以上、ビジネスローンの特徴や利用する際の注意点、よくある疑問について解説しました。

おわり。

 

人気記事資金繰りのコンサルタントがおすすめするビジネスローン5社

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました